弁護士 木村康之のブログ

世田谷区・経堂の弁護士です。身近な法律問題についての情報を発信していきます。

民事裁判と訴状の「送達」(訴状を無視した場合の結末・その1)

訴状の提出による民事裁判の提起

民事裁判は,原告が,裁判所に「訴状」を提出することによって提起されます。

審理・判決のためには訴状の「送達」が必要

しかし,民事裁判は裁判所・原告・被告の3者によって成り立つものですから,裁判所が審理を進めて判決を下すためには,訴状が被告に「送達」されることが必要と考えられています。

郵便による送達

民事訴訟法は,この「送達」に関する事務(書類作成等)は,裁判所書記官が取り扱うものとしていますが(民訴法98条2項),送達を実際に行うものは,原則として,郵便業務従事者または執行官としています(民訴法99条1項及び2項。)。
そして,基本的には,送達は郵便によって行われ,これを「郵便による送達」といいます。

訴状の放置,受け取り拒否

つまり,訴訟というのは,通常であれば,訴状が被告に郵送されることによって開始されるわけですが,被告となられた方のなかには,この訴状を受け取ったまま放置したり,あるいは受取そのものを拒否される方もいらっしゃいます。

訴状を無視した場合の結末は…

このように,受け取った訴状を放置したり,あるいは受取そのものを拒否した場合に,その後の裁判の結末がどうなるのかをご紹介したいと思います。

(この記事をご覧になられてのお問い合わせ・ご相談はこちら。)