弁護士 木村康之のブログ

世田谷区・経堂の弁護士です。身近な法律問題についての情報を発信していきます。

死ねを意味する「タヒね」投稿、弁護士を戒告…依頼者と着手金トラブル : 読売新聞オンライン

www.yomiuri.co.jp

同会などによると、男性弁護士は、民事訴訟の依頼者と着手金の返還を巡ってトラブルになっていた2019年12月~昨年4月、実名で発信しているツイッターに「弁護士費用を踏み倒すやつはタヒね」「金払わない依頼者に殺された弁護士は数知れず」などと投稿した。依頼者個人を特定する書き込みはなかった。

まったく業務と関係ないツイートであれば,弁護士会による懲戒処分の対象とすべきではないと思いますが,業務に関連する,しかも(私人であろう)依頼者と既にトラブルが生じている中でのツイートということだと,懲戒の対象となるのはやむを得ないかな,と私は思います。

同業者として,愚痴を言いたくなる気持ちは良く分かりますが,そこは堪えて飲み込んでおくか,吐き出すにしても,同業者内のごく限られた範囲内にすべきで,わざわざTwitterで全世界に向けて吐き出す必要はないんじゃないでしょうか。